未来坂太郎が行く! 「ミライザカ JR新大久保駅前店」編

未来坂太郎が行く! 「ミライザカ JR新大久保駅前店」編

2017.10.11

こんにちは、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎(ミライ・バンタロウ)です。
本企画「未来坂太郎が行く!」では、ミライザカ各店を訪ね、そのお店で活躍しているステキなスタッフたちを紹介しています。

 

 

今回は、東京の中でも外国人に人気の高い新大久保にある「ミライザカ」JR新大久保駅前店に来ました。6カ国もの国籍のスタッフが働いているという「ミライザカ」きってのグローバルなお店をまとめている横田 真吾(よこた しんご)店長は、この独特な雰囲気の街で、「ミライザカ」の魅力を存分に発揮してくれています。

【取材:2017年9月】

ミライザカ JR新大久保駅前店

ご予約・お問合せ
TEL 050-7302-5452
住所 東京都新宿区百人町2-4-2 やまきビル2F
営業時間 月〜木、日、祝日: 17:00〜翌3:00
金、土、祝前日: 17:00〜翌5:00
定休日 年中無休

Webサイト:https://miraizaka.com/jrshinokubo/

※営業時間や定休日は変更になる場合がございます。最新情報は、当サイト内ショップページをご覧ください。

 

一次会、二次会から1人飲みまで、幅広く使えるお店

 

 

ミライ このお店のオープンが2017年1月。横田店長は、お客様の変化など、どんなことを感じながら働いてきたのか、教えてもらえるかな。
横田 新大久保は外国の方も多くて独特な街で難しさも予想していたんですけど、オープンから徐々に認知されて、お客様の数、リピート率、そして満足度と、すべてが上がってきている感覚を、日々お客様と接していて、肌で感じます。それはやはり、名物の「清流若どり モモ一本グローブ揚げ(999円(税抜))」をはじめとするお料理や、「ザ・プレミアム・モルツ 香るエール(299円(税抜))」「ビームハイ(199円(税抜))」などのリーズナブルでおいしいお飲み物が、みなさまに喜んでいただけている、ということだと思います。お客様からも、よくそうしたお言葉はいただけていますから。

 

 

ミライ お店の雰囲気もそうだし、気楽に飲めておいしいものがある、というのは魅力だよね。
横田 一次会にも、二次会にも向いていますし、カウンターにはコンセントがあるので、タブレット端末をつないで動画を見ながら1人静かに飲んでいる、というお客様もいらっしゃいます。いろいろな楽しみ方ができるのは、このお店のいいところだと思います。

 

ミライ 雰囲気づくりを含め、お客様と接する中で気を付けているのはどんなことだろう。
横田 元気な声かけですね。「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」という言葉をはじめ、そうした点は居酒屋をやるにあたって、外せないところだと思います。その上で、自分もそうですが、スタッフにはお客様との会話を楽しみ、お客様に名前を覚えていただけるような、フランクで親しみやすい接客をしてほしいと思っています。それができれば、お客様の居心地もよくなり、またご来店いただけるきっかけも生まれると思いますから。

 

グローバルなお店ならではの雰囲気

 

ミライ スタッフの話が出たけど、外国の方が多い新大久保という街柄、このお店も外国からきたスタッフが多いのかな。
横田 今は日本人をはじめ、中国、韓国、ベトナム、ネパール、スリランカと、6カ国のスタッフが在籍しています。外国から来たスタッフはほとんどが母国語だけでなく英語も話せますから、外国の方が多いこの街でも、しっかりとお客様に対応することができています。実際、今はお客様の2割ほどが外国の方ですからね。特にベトナムやネパールの方が多くて、観光客だけでなく、留学生や日本で働く人にも親しまれています。

 

 

ミライ 「ミライザカ」の中でも、グローバルな風を感じられるお店、ということだね。そんなお店での、横田店長の一押しメニューはなんだろう。
横田 「清流若どり モモ一本グローブ揚げ(999円(税抜))」はもちろん外せませんし、個人的なおすすめは、「ぼんじりおろしポン酢(499円(税抜))」ですね。お腹が空いている人はもちろん、そうではない方も食べやすいと思います。他には「茄子と豆腐の揚げ出し(499円(税抜))」、あとは、「本まぐろとアボカドの山かけ 海苔包み(799円(税抜))」は女性にも好まれるメニューじゃないかと思います。

 

ミライ こうしたメニューを、多くのお客様に食べてほしいよね。
横田 本当にそう思います。私は現場でお客様と話しているのが大好きですし、みなさんにはおいしいものを食べて、心から喜んでいただきたい。そうして「ミライザカ」のファンを増やし、それと共に、「ミライザカ」がさらに多くの場所に生まれるお手伝いをしていくことが、私の目標でもありますから。また、今後はこの地域のみなさまに喜んでいただけるような、新たなサービスなども考えていきたいです。

 

ミライ 最後に、お客様へのメッセージをいただけるかな。
横田 「清流若どり モモ一本グローブ揚げ(999円(税抜))」とキンキンに冷えた「ザ・プレミアム・モルツ 香るエール(299円(税抜))」「ビームハイ(199円(税抜))」の組み合わせは、本当においしいです。利用シーンを問わず、来たいと思ったときには、ぜひお店にきてください!

 

コリアンタウンが近くにあり、国際色が豊かである新大久保において、「ミライザカ」JR新大久保駅前店は多くの人々に親しまれています。ここから「ミライザカ」の魅力が世界に伝わっていくかもしれない、と思うと、ミライ、なんだかワクワクしてきちゃいました!

以上、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎でした。

※実際のインタビューを元に書かれていますが、「未来坂太郎」など一部フィクションが含まれております。
※商品名および金額は、ブログ掲載当時のものです。