未来坂太郎が行く! 「ミライザカ 御茶ノ水駅前店」編

未来坂太郎が行く! 「ミライザカ 御茶ノ水駅前店」編

2017.11.29

こんにちは、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎(ミライ・バンタロウ)です。
「ミライザカ」各店を紹介し、お店やそこで働く人の魅力を紹介していく「未来坂太郎が行く!」。今回は、学生の街・御茶ノ水にある「ミライザカ」御茶ノ水駅前店に来てみました。

 

このお店をまとめるのは、かつてはお芝居に情熱を燃やしたという、田辺英二(たなべ えいじ)店長。ステージの上にいたときの情熱をそのままに、今はお客様にどのように喜んでいただくかに心血を注いでいます。

【取材:2017年10月】

ミライザカ 御茶ノ水駅前店

ご予約・お問合せ
TEL  050-7302-5056
住所 東京都千代田区神田駿河台2-1-17 御茶ノ水SIAビル
営業時間 月〜木、祝日: 17:00〜翌3:00
金、土、祝前日: 17:00〜翌5:00
日:17:00〜翌1:00
定休日 年中無休
Webサイト:https://miraizaka.com/ochanomizuekimae/

※営業時間や定休日は変更になる場合がございます。最新情報は、当サイト内ショップページをご覧ください。

 

幸せそうな表情を見ることが目標

 

ミライ 御茶ノ水と言えば、明治大学や順天堂大学、東京医科歯科大学などがあって、ヤングが多い街だよね。お客様はどんな層が多いのかな。
田辺 若い方と、後は大きな病院が近くにあるので、医療関係の方が多いですね。夜勤の後、遅めの時間にお食事をされるという方も多いので、通常は午前3時、金・土・祝前日は午前5時まで営業をしています。

ミライ 若い人が多いのであれば、お店も賑やかそうだね。接し方としては、どんなことを意識しているのだろう。
田辺 「自分がお客様だったら」ということを常に考えています。私はもともと演劇をやっていたのですが、演劇はお客様がいてこそ成り立つものであり、当時はどうすればお客様を笑わせられるか、泣かせられるかをずっと考えていました。その中で軸になったのは、「自分の場合はどうか」です。そのことを踏まえ、自分が食べたいものやしてほしいサービス、行きたいお店を作る、という観点を毎日意識しています。

ミライ 「してほしいこと」というのは、お客様によってまちまちだと思うんだけど、どんなポイントを見て判断するのかな。
田辺 ご来店時や最初のメニューを口に運んだとき、お帰りになるときなど、お客様の表情は常に気にしています。特に、お帰りの際に楽しかったと思っていただけているような表情をしてもらうのは接客をする上での目標のひとつで、そのためにどんな接客ができるかを常に心がけています。

たとえば、常連の方がご新規の方を連れて来られて、名物である「清流若どり モモ一本グローブ揚げ(999円(税抜))」を注文した際には、実際にテーブルにお持ちした際の「すごいだろう」という常連の方の表情や、実際に切っているとき、食べているときのご新規の方の表情はチェックしています。そこで幸せそうな笑顔があれば、また今後にもつながっていくと思うんです。

 

急な大規模宴会にも対応可能!

 

ミライ 田辺店長はこのお店をまとめるようになって1年以上が経ったわけだけど、お店の強みとしては、どんなところがあるかな。
田辺 大きな宴会席がある、ということですね。最大120名様までにご利用いただくことが可能です。土地柄、そこはお店として推すべきだと考えて、私が店長になった際には5〜6名様の団体から100人以上のグループでも利用できるように、お席を少し造り変えました。また、急なニーズにもお応えできるというのも、強みのひとつです。

 

ミライ 当日のご宴会希望もウェルカムだというわけだね。
田辺 はい、この辺りは大学が多いという土地柄、当日に30名様単位のご宴会のお問い合わせや、年齢的に、ノンアルコールのご宴会のご希望をいただくことも多いんです。そうしたイレギュラーに対応できるお店は、この辺りには少ないのではないかと思います。「大人数でも、急な宴会にも対応できるお店」として御茶ノ水で認知していただけたら、皆様に便利に使っていただけるようになるのではないでしょうか。

 

ミライ 特に学生の方は急なご宴会が多そうだから、使い勝手は良いと思います。最後に、改めてお店のアピールをお願いできるかな。
田辺 御茶ノ水でトップクラスの席数、掘りごたつ席があるので、大人数で宴席をお探しの方にうってつけです。また、BOX席が多いので、2名様でもおくつろぎいただけます。「清流若どり モモ一本グローブ揚げ」や「ぼんじりおろしポン酢(499円(税抜))」、女性に人気のアボカドを使った「手巻き本まぐろとアボカドのいくら山かけ(699円(税抜))など、おいしいメニューもたくさんありますので、ぜひ一度ご来店ください!

 

スタッフについて、「ここでは楽しい気持ちで働いてほしいですし、ここで働いたことを、いい思い出にしてもらいたいと思います」と語っていた田辺店長。スタッフが楽しく働ければ、それだけお客様も過ごしやすい、楽しい雰囲気が生まれると思います。ビッグな宴会席でお客様をお迎えできるビッグなお店は、これから御茶ノ水の人々にとってなくてはならない場所となっていくはずです。ミライ、確信しました!

以上、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎でした。

※実際のインタビューを元に書かれていますが、「未来坂太郎」など一部フィクションが含まれております。
※商品名および金額は、ブログ掲載当時のものです。