未来坂太郎が行く! 「ミライザカ 板橋店」編

未来坂太郎が行く! 「ミライザカ 板橋店」編

2017.12.13

こんにちは、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎(ミライ・バンタロウ)です。街はいよいよ、ウェルカム宴会シーズンですね。会社の忘年会もそうですし、ファミリーやママさんのパーティーも、これからメニーなはず。

その中で今回は、特にファミリーにマッチする素敵なお店を紹介します。店内に「ミライ坂」が2つあるユニークなお店、「ミライザカ」板橋店は、たくさんのファミリーに支持されています。中島祐樹(なかしま ゆうき)店長に、その秘訣を語ってもらいました。

【取材:2017年10月】

ミライザカ 板橋店

ご予約・お問合せ
TEL 050-7302-5076
住所 東京都板橋区板橋1-55-16 板橋ビュークロッシング 3F
営業時間 17:00~翌3:00
金、土: 17:00~翌5:00
定休日 年中無休
Webサイト:https://miraizaka.com/itabashiwest/

※営業時間や定休日は変更になる場合がございます。最新情報は、当サイト内ショップページをご覧ください。

 

お客様のニーズにはできる限り応える

 

ミライ 板橋というと、都心に働きに出る人が多く住んでいるイメージだけど、お客様の層としてはどんな感じだろう?
中島 ミライさんのイメージ通りだと思いますし、ファミリー層が多い感じがします。営業を続けていくうちにそうした層に浸透してきて、徐々にご利用は増えてきていますね。

ミライ となると、会社員の方がお休みの土日なんかは、特ににぎわっていそうだね。
中島 はい、特に日曜日は多くのお客様に来ていただけていて、中でも個室に対する需要は大きいと感じます。このあたりには大きな個室のあるお店が少ないようで、個室をご希望の方には重宝されております。あとは、終電前の1杯を「ミライザカ」で、という方も多いです。やっぱり、「ビームハイ(199円(税別))」などリーズナブルなドリンクは頼みやすいですから、その存在は大きいと思います。

 

ミライ お客様のニーズにお応えできるというのは、お店をやっていく上でマストなことだものね。
中島 そうですね。お客様には「ミライザカ」で気分良くお過ごしいただきたいですから。僕は、ご来店されたお客様には基本的に、こちらから席を決めてご案内はしなくて、好きなところにお座りいただいているんです。その中で、お子様連れのお客様の場合は、このお店は窓から電車が見える席があるので、そちらを紹介するなどしていますね。その他にも、お客様からはさまざまなご要望をいただくわけなんですが、そこでできる限り臨機応変な対応をしていったことが積み重なって、今につながっていると思います。

 

ミライ それと、お店の中には小さな「ミライ坂」もあるんだね。
中島 そうですね。傾斜になっているところを命名しただけなのですが、小さいお子様に「ここが『ミライ坂』だよ」なんて紹介すると、笑顔になってくれますよ。

 

ぜひ食べてほしい「特製どっさり明太子もつ鍋」!

 

ミライ 中島店長のおすすめのお料理はどんなものになるのかな。
中島 「清流若どり モモ一本グローブ揚げ(999円(税抜))」は定番として、個人的には「ぼんじりおろしポン酢(499円(税抜))」、「里芋の唐揚げ(399円(税別))」などはおすすめですね。特に「里芋の唐揚げ」は、こだわりの日本酒である「獺祭 等外(グラス:799円、4合瓶:3,590円(税抜))」と一緒に合わせていただけると、よりおいしく味わえると思います。

あと、これからの季節であれば、ぜひ「味のパラダイスコース(150分飲み放題付き、お1人様4,000円(税抜))」はご利用いただきたいですね。

 

ミライ 確かに、あのお鍋は、みなさんに召し上がっていただきたいよね。
中島 そうです。あの「特製どっさり明太子もつ鍋」は、もつ鍋の本場である博多の流行を取り入れた一品ということで、味の面でもこれまでにないおいしさを感じていただけると思います。もつ鍋の上に乗った明太子のインパクトも抜群なので、ぜひ画像に納めてSNSにアップしていただきたいですね。

ミライ その際は「#ミライザカ」のハッシュタグをお忘れなく、ということで。お店も順調で、これからがますます楽しみだね!
中島 はい、お客様のニーズに対しては、こちらからもいろいろな提案をさせていただきます。お子様の多いご宴会であっても、広いお座敷席がありますから、周りを気にせずにお楽しみいただけます。普段のお食事やご宴会の他、ママ会などでもお気軽にご利用いただきたいですね。

 

「ミライザカ」が目指しているのは、従来の総合居酒屋に新たな価値を加えた「NEO総合酒場」。それは「清流若どり モモ一本グローブ揚げ」をはじめとする料理の柱を作ることだけでなく、より多様な居酒屋の楽しみ方を提供し、間口を広げることもそうです。ご家族連れなど、一見居酒屋をあまりご利用されないお客様層へのニーズもクリエイトできているのは、まさに未来の居酒屋というフィーリング。店内の小さな「ミライ坂」を登りながら、理想の「ミライザカ」を実現してください!

以上、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎でした。

※実際のインタビューを元に書かれていますが、「未来坂太郎」など一部フィクションが含まれております。
※商品名および金額は、ブログ掲載当時のものです。