未来坂太郎が行く! 「ミライザカ 町屋店」編

未来坂太郎が行く! 「ミライザカ 町屋店」編

2018.01.10

こんにちは、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎(ミライ・バンタロウ)です。

2018年も10日が過ぎましたが、みなさんはいかがお過ごしですか?
ミライは新年から、「ミライザカ」に来られているたくさんのお客様の笑顔を見て、幸せを感じておりました。
今年も「ミライザカ」をよろしくお願いいたします!

 

 

ミライが「ミライザカ」各店を訪ね歩く「未来坂太郎が行く!」、2018年1回目は、町屋店の渡辺章吾(わたなべ しょうご)店長にご登場いただきます。北海道から、夢とミライへの希望を抱いて上京した若者は、町屋の街で地元のみなさまと親睦を深めながら、温かいお店作りに努めています。

【取材:2017年10月】

ミライザカ 町屋店

ご予約・お問合せ
TEL 050-7302-5472
住所 東京都荒川区町屋1-2-13 町屋駅前二番館ビル 1F
営業時間 月〜木、日、祝日: 16:00〜翌3:00
金、土、祝前日: 16:00〜翌5:00
定休日 年中無休

Webサイト:https://miraizaka.com/machiya/

※営業時間や定休日は変更になる場合がございます。最新情報は、当サイト内ショップページをご覧ください。

 

3階建て、大規模なご宴会も受付OK

 

ミライ 渡辺店長は、地元が北海道だと聞きました。なるほど、美白のイケメンです。
渡辺 ありがとうございます(笑)。上京して東京で住み始めたのは2017年の9月なので、まだ東京の名所なんかもあまり行けていないのですが、地元の方々にはおすすめのお店を教えてもらうなど、いろいろと助けていただくことも多いです。

ミライ お客様も、地元のことを教えるのはきっと楽しいだろうね。ところで、この町屋という街に対して、渡辺店長はどんな印象があるのかな。
渡辺 この地域に対する愛着のある方が多いイメージですね。このお店にも常連のお客様が多いですし、お仕事帰りのサラリーマンの方や、ファミリー層の方もよくいらっしゃいます。あと、割と早い時間のニーズがあるので、このお店のオープンは16時。早めの時間は地元にお住まいの、ご年配の方によくご利用いただいています。また、深夜3時、5時までやっているお店もこのあたりにはあまりないので、遅くまで飲みたい方にも重宝していただいていますね。

 

 

ミライ いろいろなニーズがあるんだね。それと、このお店は3階建てという、他の「ミライザカ」でもあまりない造りになっています。
渡辺 1フロアを貸し切るようなご宴会を受け入れられますし、そんなときにも別フロアで他のお客様をお迎えできるのは、このお店の大きな強みだと思います。階が多い分、どうしても自分の目が行き届かないところが出てくるので、そのあたりは信頼できるスタッフに任せる、ということが多いですね。しっかりと連絡を取り合いながら、いいチームワークで接客ができていると思います。

 

グローブ揚げと相性抜群の、強炭酸ドリンク!

 

ミライ 渡辺店長から見て、「ミライザカ」の魅力って、どんなところだろう。
渡辺 一番は、お料理がおいしくて安い、というところだと思います。気軽にお食事やお酒を楽しめますし、スタッフもフランクな形で接客をさせていただいていて、そうしたコミュニケーションの楽しさも、「ミライザカ」のいいところではないでしょうか。

ミライ では、おいしいメニューの中で、渡辺店長が特にオススメするとしたら?
渡辺 「清流若どり モモ一本グローブ揚げ(999円(税抜))」は定番として、冬限定の「清流若どり モモ一本グローブ揚げ ぶっかけネギ甘味噌(999円(税抜))」も、濃いめの味付けでおいしいです。あと、当店では強炭酸のサーバーを入れているので、「ビームハイ(199円(税抜))」やサワー類の炭酸が強力です。ソーダ感が普通のものとはひと味違いますので、ぜひ召し上がっていただきたいと思います。グローブ揚げとも相性抜群ですよ!

ミライ それはぜひ、みなさんに味わっていただきたいね。大きなお店だし、このお店がどう発展していくかは、渡辺店長に懸かっています。ぜひ、頑張ってほしい!
渡辺 このお店の店長になって、今までよりも多くのお客様を接客させていただけていることに、やりがいと責任を感じています。まずはしっかりと地元の方に認知していただき、新年会や各種ご宴会、ちょっとお酒やお食事を楽しむときなどに「ミライザカに行こう!」と思ってもらえるようにしていきたいと思います。ご宴会のご相談などについては、可能な限り臨機応変に対応いたしますので、ぜひお気軽に、私までご要望をお伝えいただきたいですね。

 

3階建ての店舗は、1階がテーブル席、2階はお座敷とテーブル席が半々、3階はお座敷のみと、それぞれに使い勝手が違います。多くのお客様を迎え入れられる、文字通りの「器の大きさ」があるのが、町屋店の魅力。そして渡辺店長には、お店に負けず劣らずの器を感じました。北海道から大志を抱いて上京した青年を、ミライも応援していきます。彼の作るステキな「ミライザカ」を、地元の方々にはぜひとも感じていただきたいです!

以上、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎でした。

※実際のインタビューを元に書かれていますが、「未来坂太郎」など一部フィクションが含まれております。
※商品名および金額は、ブログ掲載当時のものです。