秋の味覚といえば、秋刀魚ですね。「ミライザカ」にも秋刀魚が登場!

秋の味覚といえば、秋刀魚ですね。「ミライザカ」にも秋刀魚が登場!

2018.09.14

こんにちは、旨唐揚げと居酒メシ「ミライザカ」、PR担当です。

 

秋の味覚にはいろいろなものがあります。海の幸、山の幸・・・その中でも代表的なものを挙げるとしたら、やはり「秋刀魚(さんま)」は外せないでしょう。名前に「秋」が入るように、秋に旬を迎えるお魚です。では、なぜ「秋刀魚」という漢字が用いられるようになったのか、ご存じでしょうか。

 

「秋刀魚」の名前の由来は?

 

さんまに「秋刀魚」という漢字が充てられるようになったのは、大正時代になってからだそうです。秋にたくさん獲れること、そして細長い身の形、銀色に光る体が刀のように見えたことからその由来なのだとか。こうした雑学を頭に入れておくと、秋刀魚の味わいも少し変わってくるかもしれませんね。

 

日本では古くから塩焼きや蒲焼きとして、多くの人々に親しまれています。また、お刺身としての人気も高く、脂ののりきらない初秋のものが食べ頃とされているそうです。

 

一手間かけた、「ミライザカ」の秋刀魚刺し!

 

そんな秋刀魚のお刺身ですが、「ミライザカ」ではよりおいしく召しあがっていただけるよう、炙りの一手間を加えました。「炙り秋刀魚のおつまみ刺し (499円(税抜))」は、炙ることによって香ばしさが楽しめるだけでなく、秋刀魚本来の持つ味わいもグッと引き立っている一品。日本酒や焼酎との相性が抜群です。季節限定のメニューとなっていますので、ぜひこの時期を逃さず、お楽しみくださいませ。

 

お近くの「ミライザカ」は、こちらのページからお探しください。

 

http://miraizaka.com/shoppage/

 

この週末も、みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

 

 

※商品名および金額は、ブログ掲載当時のものです。

 

Translate »