• マナー
  • 宴会
  • 忘年会
  • 新年会
  • 未来坂太郎

未来坂太郎のビジネスマナー講座「席順・・・上座・下座について」

2018.12.07

  • ニュース
  • ブログ

こんにちは、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎(ミライ・バンタロウ)です。

 

世の中は忘年会シーズンのピークを迎えようとしています。今日も全国各地の「ミライザカ」では、すでにたくさんの忘年会の予約が入っています。ニューカマーとベテランが一体となる宴席、ぜひ思う存分交流を深めちゃってください!

 

ただ、そこでは最低限押さえておくべきマナーがあります。今回はその中からすぐに意識できるものとして、「席次」のおさらいをいたしましょう。

 

宴会で座る席は要チェック!

 

「席次」というのは、宴会などにおける席順のこと。「席次」に関連して「上座」「下座」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、基本的には入り口から遠い方が「上座」、入り口に近い方を「下座」と覚えておくといいでしょう。そして、会社の宴会など、ある程度お互いの立ち位置がはっきりしているような場であれば、上役の方ほど「上座」に座るのが一般的とされています。宴会のスタート時の座り場所は、チェックしておきましょう。

 

宴会が進めば、ある程度席の行き来も始まると思います。ルーキーや若手のみなさんは、自分の「下座」だけにこだわらず、積極的に上役のみなさんがいる「上座」に話をしにいってもいいと思いますよ。また、上役のみなさんはそうした積極的な若手に対し、大きな心で接してあげてください。それによって世代、役職の壁を越えた、活発なコミュニケーションが生まれていくことでしょう。

 

「ミライザカ」の宴会席は移動がしやすい!

 

「ミライザカ」の多くの店舗で、掘りごたつタイプの宴会スペースをご用意しております。移動がしやすいので、宴会をするにはうってつけ。飲み放題付きのコースも充実していますので、ぜひこちらのお席で楽しい宴会のひとときをお過ごしいただければと思います。

 

お席の詳細やご相談は、こちらのページから店舗にお問い合わせください!

 

http://miraizaka.com/shoppage/

 

「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎でした!

 

※「未来坂太郎」は架空の人物です。

 

お店を探す
Translate »