• 6月
  • 宴会
  • 暑気払い
  • 納涼会

暑気払いの時期はいつ? 納涼会との違いは何?

2019.05.29

  • ニュース
  • ブログ

こんにちは、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎(ミライ・バンタロウ)です。

もうすぐ、梅雨のシーズンがやってきますね。雨が降って気温が上がり、蒸し蒸しする日々は、少しナーバスになってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

そんな時期はぱーっと宴会をして、ハッピーに過ごしていきたいところですよね。特に、暑い時期に冷たいビールなどを飲んで楽しむ「暑気払い」の宴会は、これから暑くなるにつれて増えてくるかと思います。

ところで、暑い時期の宴会としては、「暑気払い」の他に、「納涼会」もあります。このふたつの違い、ご存じですか?

 

「暑気払い」と「納涼会」の違い

共に暑い時期の宴会として行われる「暑気払い」と「納涼会」。「暑気払い」については、暑い時期に冷たいもの、体を冷やす効果のあるものを食べて、体の熱気を取り除こう、というものです。それが転じて現在では、会社のメンバーなどで集まって、みんなで暑い時期を乗り切っていこう、という宴会を意味するようになりました。

一方の「納涼会」ですが、「納涼」は暑さを工夫によってしのいでいこう、という意味合いで、宴会だけでなく、「納涼船」など、さまざまな形で使われます。地域の夏祭りなどでは「納涼祭」が開かれるところもありますね。

ビジネスシーンにおいては、「暑気払い」を使うのがポピュラーです。実際、6月から暑いシーズンははじまりますからね。

 

「暑気払い」を「ミライザカ」で!

 

暑気払いの宴会を企画されるのであれば、「ミライザカ」へウェルカムです! ミライザカのビールは、フルーティーで飲みやすいエールビール「ザ・プレミアム・モルツ 神泡の香るエール《中生》(299円(税抜))」。また、リーズナブルで人気の「ビームハイ(199円(税抜))」に関しては、よりたくさん飲んでいただこうと、ビッグサイズの「じゃんぼビームハイ(399円(税抜))」をニューリリースしました!

暑い時期は「ミライザカ」で、冷たいドリンクをお楽しみください! もちろん、おいしいフードメニューもたくさんありますよ!

 

鶏生ハムが食べられるお店「ミライザカ」とは?

ミライザカは、鶏にこだわる居酒屋です。看板メニューは「骨付きモモ一本 グローブ焼き」です。鶏のモモ肉を丸ごと一本使い、じっくり焼き上げた人気料理です。

ガーリック風味でビールやハイボールにぴったりの一品です。

定番の焼き鳥や、チーズが入ったつくねは常連さん御用達の料理です。

店内は明るく、広々としています。座敷席、個室、テーブル席など、各種ご用意していますので、利用シーンに合わせてお使いください。

宴会のご予約も大歓迎です!

ミライザカのコースは2.5時間の飲み放題付きです。広々としたお席で、ゆったりとお過ごしいただけます。

リーズナブルな「わいわい!スマイルコース」は、飲み放題付きで3,000円(税抜き)です!

看板料理の「グローブ焼き」を含む、7品の料理並びます。

お近くの「ミライザカ」は、こちらのページから検索!

 

http://miraizaka.com/shoppage/

 

以上、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎でした!

 

※「未来坂太郎」は架空の人物です。

※商品名および金額は、ブログ掲載当時のものです。

 

お店を探す
Translate »