• 上座
  • 下座

会社忘年会初参加者必見! 宴会の「上座」はどこ?

2019.10.18

  • ニュース
  • ブログ

こんにちは、旨唐揚げと居酒メシ「ミライザカ」、PR担当です。

あと1月ちょっともすれば、世の中は忘年会シーズンへと入っていきます。今年から社会人になられた方にとっては、初の忘年会シーズンということになりますね。

忘年会では、歓迎会以外で初めて会社の飲み会に参加する、という方もいらっしゃるかもしれません。そんなときに気を付けたいのは「席」。「上座」「下座」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、その内容や意味を知っておくと、会社の宴会に参加するときに役立ちます。今回は、「上座」「下座」についてご紹介いたします。

 

「上座」の場所とは?

 

「上座」「下座」を把握する上でのシンプルな考え方として、基本的には入り口から遠い方が「上座」、入り口に近い方を「下座」と理解しておくといいでしょう。そして、会社の忘年会などある程度お互いの立ち位置がはっきりしているような宴会であれば、上役の方ほど「上座」に座るのが一般的とされています。

ただ、宴会の間中そこにじっとしている、というわけではありません。場合によってはお酒をつぎにいったり、上司や先輩が頼みたいものを聞きに行ったり、ということもあるでしょう。そのため、下座にいるということであれば、ある程度周りの空間を空けて、動きやすくしておくのがいいかと思います。そして、上座にいる人に接するときには、思い切って話しかけてみると、お互いの距離が近くなったり、話を聞いてもらえたりして、仕事の役に立つこともあるかもしれませんよ。

 

「ミライザカ」の宴会席はゆったりとしたつくりです

 

「ミライザカ」の宴会席は、多くの店舗で掘りごたつタイプとなっています。移動がしやすいので、席移動が頻繁な宴会にはうってつけです。また、忘年会におすすめの飲み放題付き宴会コースもあるので、こちらもぜひご利用くださいませ。

お近くの「ミライザカ」をお探しの際は、こちらの店舗検索ページをご利用ください。

 

http://miraizaka.com/shoppage/

 

みなさまのご来店を、心よりお待ちしております。

 

お店を探す
Translate »