• 年末
  • 幹事
  • 忘年会
  • 挨拶
  • 飲み会

忘年会の案内文を頼まれたら? こうやって書こう!

2019.10.21

  • ニュース
  • ブログ

こんにちは、旨唐揚げと居酒メシ「ミライザカ」、PR担当です。

10月後半になると、そろそろ忘年会の準備をはじめるという方もいらっしゃるかと思います。ゆっくり構えて準備をしようとしたら、すでに週末などのいい日は予約で埋まっていた…そんな経験から、早め早めに段取りを組んでおこうとされる方も多いのでは。

忘年会の段取りは、出席確認やお店の予約だけではなく、いろいろな作業が必要となってきます。その中で、大規模な忘年会であればキチンとした案内文を書くという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、忘年会の案内文の書き方などについて、紹介していきますね。

 

忘年会の案内文のポイント

 

案内文を書く上で、最低限押さえなくてはいけないところは、日時、場所、会費といった情報です。自分では分かっていても、初めてその文章を見る人に伝わらなくては意味がありません。また、遠方から足を運ぶ人もいるのであれば、会場へのアクセスなどについてもキチンと書くべきでしょう。

また、忘年会をするのであれば、できるだけ多くの人に参加してもらいたいもの。ビジネスシーンなどではマナーを押さえつつ、読んだ人が足を運びたくなるような内容にしたいですね。催しを用意しているならその概要や、交流の場としての活用など、いろいろな面で会の魅力を訴求したいものです。

最後に、忘年会の時期は多くの方が多忙にされています。キチンと読んで、その日に時間を作っていただくためにも、文章自体は早い段階で送るようにしたいところです。可能であれば会の一月前、少なくとも2週間前には読んでもらえるようにしましょう。

 

「ミライザカ」では忘年会のご予約を受け付け中です

 

忘年会の案内文を書く際には、忘年会の詳細が決まっていないといけません。今からお店探しをされるなら、ぜひ「ミライザカ」をご利用ください。当店ではゆったりくつろげる宴会スペース、そして飲み放題付きの宴会コースがあり、どなたでも楽しんでお過ごしいただけます。

 

お近くの「ミライザカ」で忘年会をご検討の際は、下記ページから最寄りの店舗をお探しの上、ご相談ください。

 

http://miraizaka.com/shoppage/

 

みなさまのご利用を、心よりお待ちしております。

 

お店を探す
Translate »