• マナー
  • ミライバンタロウ
  • 宴会
  • 忘年会
  • 打ち上げ
  • 未来坂太郎

お酒の席で話す内容はどんなものがいい? 未来坂太郎の考え

2018.12.12

  • ニュース
  • ブログ

こんにちは、「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎(ミライ・バンタロウ)です。

 

この時期は忘年会シーズン。特に会社関係の忘年会は、毎年この週末くらいから本格的なピークを迎えるイメージがあります。中にはマイチームの忘年会だけでなく、会社全体、あるいはクライアントの忘年会にも顔を出す、というケースも多いでしょう。

 

そうしたときに、お酒を飲みながらも気を付けなければいけないのが、トークの内容です。「アルコールはコミュニケーションの潤滑油」というワードがあるそうですけど、滑らかになるあまりに暴走するのは、ミライ的にはどうかと思います。

 

飲み会での会話、チェックポイント

 

 

お酒の場で特に気を付けたいのが、自分より目上の人との会話。フレンドリーに接してきてくれる人が多いと思いますが、だからと言ってあまり自分の我を押し通していると、トラブルを招きかねません。エグゼクティブなみなさんの話にはうまくフィーリングを合わせつつ、言っていることが自分の考えと違っても、オープンにしないようにしたいですね。

 

同僚や部下との話は、普段以上に口が軽くなりがち。ただ、だからと言ってそこで不平不満や文句などを言ってしまうのはバッドフィーリングです。お酒の席だからこそ仲間を褒めていって、ポジティブな雰囲気にしたいですね。照れくさいかもしれないですけど、さあ、チャレンジです!

 

あとは、「聞き上手」であるといいですね。お酒が入るとトークしたくなる人が多いですが、自分以外もそうである、という点がポイント。そこで自分が話したい気持ちをグッと抑えて聞き役に回ると、「聞き上手」として人気者になれちゃうかも・・・。

 

大宴会からカジュアルな飲み会まで「ミライザカ」でどうぞ!

 

ミライザカ」では、会社の忘年会などの大がかりな場から、仲のいい数人で集まるカジュアルな飲み会まで、いろいろなシーンに対応できます。年末の飲み会、あるいは2次会などに、ぜひご利用ください!

 

お近くのお店へのアクセスは、こちらのページからチェックです!

 

http://miraizaka.com/shoppage/

 

「ミライザカ」統括部長、未来坂太郎でした!

 

※「未来坂太郎」は架空の人物です。

 

お店を探す
Translate »