• つくね
  • 鳥軟骨

「鳥軟骨」の部位はどこ? カロリー、居酒屋直伝の食べ方を伝授!

2019.11.11

  • ニュース
  • ブログ

こんにちは、旨唐揚げと居酒メシ「ミライザカ」、PR担当です。

居酒屋さんなどでよく見かける食材のひとつとして、鳥の軟骨があります。一般のご家庭ではあまり召しあがることがないということで、居酒屋さんに行くとつい食べたくなる、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ところで、みなさんは鳥軟骨についてどのくらいご存じでしょうか? 今回は知っているようで知らない鳥軟骨についてご紹介いたします。

 

鳥軟骨の特徴とは?

 

鳥軟骨は、一般的には鶏のムネ肉の部分にある「胸骨」の柔らかい骨を指します。カロリーが非常に低くヘルシーである上、赤身の部分と同様にビタミンB群が豊富。また、骨ですからカルシウムも豊富です。

そしてコラーゲンも豊富に含まれているので、美容面が気になる女性に方にとっては、見逃せない食材と言えるのではないでしょうか。

 

「ミライザカ」流、鳥軟骨の美味しい食べ方

 

居酒屋さんでは鳥軟骨を唐揚げなどにして提供するのが一般的となっていますが、そこは「ミライザカ」、当店では少し違ったスタイルでの楽しみ方をご提案いたします。それが「こだわりのチーズIN鶏つくね(299円(税抜))」。このつくねは鶏肉と軟骨を混ぜ合わせて作られており、食感とジューシーさを残しつつ、中のチーズの濃厚さも楽しめるという逸品です。タレとの相性も間違いないので、ぜひご賞味ください。

 

「ミライザカ」にはこの他にも、お酒によく合うさまざまなお料理をご用意しております。ぜひ、いろいろなものをお楽しみいただき、お気に入りを見つけていただければと思います。お近くの「ミライザカ」をお探しの際は、こちらの店舗検索ページをご利用くださいませ。

 

http://miraizaka.com/shoppage/

 

みなさまのご来店を、心よりお待ちしております。

 

※商品名および金額は、ブログ掲載当時のものです。

お店を探す
Translate »