• ほっけ

「縞ほっけ」と「ほっけ」の違いは何ですか?

2019.11.27

  • ニュース
  • ブログ

こんにちは、旨唐揚げと居酒メシ「ミライザカ」、PR担当です。

居酒屋さんでの定番メニューとして、多くの方に親しまれているメニューの中に「ほっけ」があります。ほどよい塩加減が、特に日本酒や焼酎といった日本のお酒とよく合うので、みなさんの中でも居酒屋では必ずほっけを頼む、という方は少なくないのではないでしょうか。

さて、このほっけ。注文の際に「縞ほっけ」となっているものを見たことがあるかもしれません。「ほっけと何が違うんだろう?」、今回はその疑問にお答えいたします!

 

「ほっけ」と「縞ほっけ」の違いは

 

「ほっけ」は、函館の近海で獲れるお魚で、いわゆる「ほっけ」と言えばこのお魚を指します。適度に脂が乗り、味わいも特徴的なお魚として、多くの方に人気となっています。

一方の「縞ほっけ」は、ロシアのオホーツク海で獲れるお魚。その名の通り、体の縞模様が特徴です。通常のほっけよりも脂の乗りがよく、味わいもジューシーです。また、その中でも特に脂が乗っているものは、「とろほっけ」として人気となっています。

 

「ミライザカ」では「トロ縞ほっけ」をご用意しています!

 

「ミライザカ」では、ほっけ好きのみなさんに喜んでいただけるよう「トロ縞ほっけ(699円(税抜))」をご用意しております。脂の乗りが抜群で、お酒のお供としてぴったり。濃厚な旨みがお酒と合わさり、どんどん次の一杯、次のひとくちが欲しくなることでしょう。もちろん、単体で召しあがっていただいても、十分に楽しめます。ぜひ、お好みのお酒と一緒にご注文くださいませ。

お近くの「ミライザカ」をお探しの際は、こちらの店舗検索ページをご利用くださいませ。

 

http://miraizaka.com/shoppage/

 

みなさまのご来店を、心よりお待ちしております。

 

※商品名および金額は、ブログ掲載当時のものです。

お店を探す
Translate »